Oct 25, 2012

Tim Burton




最近観た映画、たくさんあるけど10月なのでハロウィーンっぽいものピックしましょうか。毒々しくてかわいくてなんとも言えないあの世界観を生み出すティムバートン様の名作。



言わずも知れたナイトメア ビフォー クリスマス。主人公のジャックは人気者。ハロウィーンになると人間界でみんなを驚かせてました。ある日、マンネリ化したハロウィーンの世界を変えようとクリスマスの計画をするんだけどハロウィーンタウンに住む彼らはクリスマスを理解できず事態は変な方向に。まあwikiのあらすじをまた簡潔にした感じね。

私、観るまで知らなかったけどミュージカルなんだね。とりあえず世界観が本当にこと細かく表現されていて観ててすごく楽しい。人形なのが信じられない!怖いし薄暗いハロウィーンタウンなのに、どうやってあんな活気にあふれたかわいい住人達が馴染んでいるんだろうね。ファンタジー×ホラーの世界は抜群ね。



The nightmare before Christmas





コープスブライド。主人公のヴィクターは親同士の攻略によってエミリーと結婚させられることになるの。実際に会ってみるとお互いまんざらでもなさそうだったのに、ドジなヴィクターは式のリハーサルで失敗をしてしまい牧師に怒られちゃうの。それで夜森の中で式の練習をするのね、結婚の誓いの台詞が上手く言えたヴィクターは調子に乗って指輪を枝にはめるんだけれど、枝だと思っていたのはコープスブライド(死体の花嫁)の指だった。。。うん。

こっちの方がナイトメアよりもだいぶ新しいから最新技術を駆使してる感じだったなあ。人によるかと思うけど、私は昔のちょっとぎこちない感じの方が好きだな。よくあるよね、最近のディズニーってなんかそうじゃない?個人的に、ラプンツェルとか、イラストでやって欲しかったなあ。歴代プリンセスのタッチが好き、やっぱり。ちょっともやっとしたようなさ、クリアすぎないで。あとは音楽も、ちょっと割れたような古くさいやつね。好きなんだよなあ、ああいうの。
話が少しずれちゃったけど、コープスブライド、ストーリーはステキでした。
雰囲気もさすが、ティムバートン。全体的にグレーで、なんか固くて埃をかぶったような映像なの。








シザーハンズ。ずっとずっと観たくてやっと観れました。こないだなんてTSUTAYAで借りたのにも関わらず忙しすぎて観ずに返しました。そしてまた借りに行きました。
手がハサミのまま博士に取り残されてしまった人造人間エドワードは1人で住んでいたんだけど、たまたまセールスに来たおばさんが気の毒に思って彼をつれて帰るの。人気者になるんだけど、手がハサミのせいで好きな子さえ抱きしめられないの。
これはストーリーもビジュアルも最高。切ないラブストーリーだけどファニーだし、60'sライクなスタイルの近所のおばさん達のルックがスーパーかわいい。そしてKimちゃんのLolita加減が本当にツボ。かわいすぎるよ!



 
 
 
 


Edward Scissor hands



観たい映画って尽きない。


XOXO



Oct 17, 2012

TOKYO




たけほとお茶の予定だったんだけど、もえこちゃんも渋谷にいるということで3人でお茶。
RESPEKTに行きました。私は今月のケーキのパンプキンタルトをいただきました。おいしいの〜♡ガールズトークもはかどりましたとさ。今考えれば異色面子だね。
それからもえこちゃんと渋谷ぷらぷらしたよ。つらつら並ぶ洋服達に、これがこうだったらな〜とかここがな〜って言うもえこちゃんを見ておおお〜確かに。と感心していたんだけど、欲しい物がなくなっちゃったら、もえこちゃん私言い過ぎた...って落ち込んでた。かわいい。でも、洋服に妥協したくないもんね。本当にスーパーかわいい100%っていうのじゃなきゃ嫌だもんね〜。だからなかなか欲しいものって見つからないのね。

その後はなぐもす先輩とご飯に行きました。いやあ、歳1つしかかわらないのにこの貫禄ね。いろいろ相談することも積もってて、なんだか解決策が見えて来たよ!ありがとう!


遠かったり忙しかったりでなかなか会えないけど、moc.の友達ってほんとにみんなそれぞれ輝いてるし何か持ってて、やっぱり会うと刺激もらえるし勉強になるし楽しいし私はそんな環境にいれて幸せ者だよ。最後のmocから何年経ってても、例え私が1年日本にいなくても、こうやってご飯したり撮影だったりいろんな形で関わっていけてるって嬉しいな。

それにmoc.が終わった後でも、初めましてって繋がっていけるのがすごい。
実際に帰国してから、ゆいたん先輩ゆかり様ももちゃんりくくんとかとか初めましてだったもん。あ、あともえこちゃんも!moc.やってなかったら今の自分いないなあ、って。まあ、今までの自分全部があったから今の自分がいるんだけど、間違いなくmoc.が大きく人生を変えたなあって思うの。



そ、し、て、 Jeremy scott♡





へんなかお、へんなかお。
ふふふふふ。にやにやが止まらないよ。形がかわいすぎる。
かわいいよんもうかわいい。たけほThanks♡ たくさん着よう!



XOXO

autumn









Lemon sugarみたいなニットを買いました。



XOXO

Oct 16, 2012

cant wait








しばらくダイアリー更新してなかったネ。ちゃんと綴らなければ。思ったことも文字にしなきゃ。思うことは日々たくさんあるんだけどね。
いっぱい仕事して稼いで稼いで、どんどんお金が財布にたまってって、財布がぱんぱんになるんだけど、Twitterとかinstagramをちょこっと買ったりしてちょこちょこ小銭が減ってて、お札をつかってブログを買ってない感じね。ちょっと意味分からないね。


最近考えてたことといえば、そう、どうして外人さんはあんなにTシャツスキニーデニムでかっこいいのかということ。それで、気づいたんだけど、洋服ってもともと海外から来た物だから。だから、あんなにカジュアルでもかっこいいし似合ってるんだよきっと。ドレスもそう。
和服は日本人が1番似合うみたいに。浴衣も着物も甚平も黒い髪の黒い瞳の日本人じゃなきゃね。昔、日本人の人達が、洋服なんて嫌だってそんなもん取り入れないぞって言ってたらどうなったのかなあって、そしたら今、服屋さんはきっと全部、和服屋さんで、みんな和服で生活してるんだろうな。そんな日本も見てみたかったなあって思う。

今の日本人は外国に憧れて、髪の毛染めたりカラコンいれたりするけど、それって本当に魅力的なのかなって思ったんだよね。きっと日本って国がそうさせてるんだと思うんだけどね、外国っぽいのがお洒落だってかっこいいって。日本の文化だって十分かっこいいのにね。"お洒落"の基準なんて決まってないし、基本的には好きな格好すればそれでいいじゃん?って私は思うけど、"魅力"ってなんだろうって考えた時に、本当の魅力って、持ってるものを最大限に引き出すことじゃないかなって思うの。


そうそう、それでね、私どんな洋服が着たいのか、わからなくなっちゃって、考えてたんだ、自分が本当に好きなものってなんだったっけ。って。
私はやっぱり、ガーリーでドーリーでキュートでセクシーなのが好き。って結論に至ったんだけど、なんで迷っちゃったんだろうね?環境とか聴いてる音楽や好きなカルチャー周りにいる人達ってやっぱり影響すると思うのねすごく。やっぱり着てる洋服やスタイルはカルチャーから来るものだもん。例えば、最近よく見かけるけど、Supremeを着てるからスケボーするんじゃなくて、スケボーしてるからSupreme着てるわけで、その洋服達にはそれなりのストーリーがあるんだもん。ファッション=ライフスタイルだから、毎日変わってゆくし成長していく。それできっと見失っちゃったんだよね。いろんな音楽聴いてもいろんな服着ても、結局戻るのはそこなんだって、ああ、私やっぱりそういうのが好きなんだなあって。
お洒落として、ベースをそれにいろんなスパイスをくわえるのはいいと思うけど、自分が本当に好きなものを見失っちゃいけないよね。今まで培ってきたセンスも、見てきたものも、着てきた洋服だって全部が繋がって今のスタイルがあるわけだし。もちろん場面だったり気分だったりで選ぶ服もあるし。

好きなものは、変わるんじゃなくて、増えるんだよね。前に好きだった洋服、今も好きだけどなんだか着れないのは、人間変わってゆくものだから、変わるべきだからそれとともに全部動くんだと思う。ただその中で何か変わらない物を、少しだけ、持ってたらいいと思うの。

似合うもの、と、好きなもののギャップってあるじゃない?だけど、そんなに気にすることないと思うんだよね。全部は直感で、あっ!これ!って思ったものが全てにとってベストな選択なんだよね。私はそんな気がするな。


久しぶりに長々と真面目な記事を書きました。ふぅ。


この写真達はちょっと前なんだけど、デビルの角をつけながらるんるんでハロウィンの飾り付けしておりました。るんるんだよ。ハロウィン早く来い♡


XOXO



Oct 9, 2012

Brigitte Bardot





 
 
 
 
 
 



「ネコみたい」ってよく言われるんだよね小学生の頃から。昔はそう言われるの嫌だったんだよねだってネコってネコのまんまだとかわいいけど、「ネコみたい」を人に使うとなんか悪口みたいな感じがしない?.....けど最近ネコブームみたいだし、よしにしておこう、と思います。多分私は気分屋で自由でマイペース(すぎる)んだと思うんだよね。それで、ついおとといも彼に、お前ネコみたい。と言われたので私の大好きなアイコンの紹介でもしようかな、と。(彼女はsex kittenって愛称があるんだって。)

写真を見ればおわかり、言わずと知れたBrigitte Bardot。

憧れであると同時に、彼女のことを知る度に似てるところがたくさんあるなって思ったのも彼女を好きになった理由の1つ。勝手に親近感湧いちゃうよね。

私が彼女とリンクするところは、ドーリーな洋服を着るところもなんだけれど、プライベートではカジュアルなスタイルも好きなところ。彼女はピッピーなの。自然と動物が大好きでギターが好きなところとか。自由奔放でちょっとわがままなところとか。閉所恐怖症なところも。( 笑 ) 私はトンネルとエレベーターが大嫌いなんです、ええ。

中身は私とよく似ているんだけど、容姿はそれはんもうほど遠いのよね。
ゆるいカールのブロンドヘアーは一生の憧れ。日本人の黒髪ストレートの私とは真逆。
そしてスーパーナイスバディーの彼女。ぼんっきゅっぼん!私はきゅっぼんっぼん!いぇい!やっぱりセクシーでキュートでドーリーっていいよね。女の子に生まれたからにはやっぱりそうでなきゃ!って思うよ、いつも。




XOXO

sleepy




sleepy sleepy sleepy




xoxo