Dec 6, 2016

やあ


何をしなければいけないのか、と言うより、何をしたいのかって言うのは昔からの自分のモットーだけど、何をしてしまっているのかと言うのを考えてみたの。してしまっているかというよりかは、何がなければ私じゃないのか。

基本的に誰でも、思い浮かぶことはなんでもできると思っている。自分がこうしている、ああしていることの想像ができれば。

確かに、洋服が好き、ランジェリーが好き、自分が作ったものを通してそれで誰かが幸せになってくればこの上ない幸せ。それがどんな形でも。

最近気づいたことは、作品撮りをする時はたまらなく興奮する。撮られる機会はちょくちょくあって好きなのは自分でも知っていたけど、それよりも、モデルを通して表現をするのが、こんなにも楽しくてドキドキして全身が震えるような感覚になるのか〜というのが自分にとって新しい自分に出会えた瞬間だったしそれが大きな気づきだったように思う2016年。

あとは、書くこと。文字を書くこと。
インスタグラムが主流なここ最近のSNSで、おしゃれな写真をあげるわけでもなく、なんのおいしいご飯の情報が載っているわけでもない、ほとんどが私の頭の中を文字にしてだらだらと垂れ流しているブログを誰か見ているのかなと思うのだけどこれはきっと辞められないと思っている。私にとっての1つの、止められないこと。書いた後になんだかちょっと照れくさいような恥ずかしいような気持ちになって、実はちょくちょくブログを書きながらも割とほぼ下書きの記事がたまってっているのは私しか知らない話。
だいたいがまとまってなくて、白いスケッチブックに思い浮かんだことをほぼ殴り書きしているようなラフ画のようなブログなので、トイレの中の暇つぶしにでもして見てもらえたらいいかなぁ〜なんて


本当は大人ぶってるただの子供でしかない。毎日、悲しかったり嬉しかったり驚いたりして、それをそのままに受け止める方法しか知らなくて、揺さぶられたり傷ついたりしてバランスを崩す。で、インスタグラムの記事には、ちょっとはコントロールできるようになったかなぁなんて書いたけど、いやぁ全然できてないわぁと最近思ったのが実際のところ。笑っちゃう

いつになったら自分をコントロールできるのかしら、もう干支は2周したっていうのに。それが私の人生の課題だってことはとっくの昔から知ってる。たまに女性ホルモンのせいだ〜と言っていて、事実その通りだと思うけどホルモンなんやかんやも通り越している。

昔から知っている人が、いつの間にか距離が近づいてわたしの知らない人になっていって戸惑って、今までずっと嘘をつかれていたような気分になって、傘もなくて、雨が強くなって、帰り道にちょっと泣いた。

別れ際、じゃあねって笑ってるのに悲しそうな顔してたよ。って、言われるまでそんなの気づかなかったし知らなくてよかった。私だけでも自分は笑ってたって思ってたかったのに。

こんなことを昼下がりに書いている自分を客観的に見ちゃってあぁ〜下書きにしたいと思うけど今日は公開してみます(照)
はい。

近いうちにいくつか報告したいことがあるので、そのために、今日もがんばるぞっ。おーっ