Jan 24, 2014

invisible



結局、本物というものは、目に見えないものを消化しているのだと思う。
どれだけかわいくても、かっこよくても、例えそれが一般的に「人気」だったとしても、それは、本物ではないの。そしてそれは必ず、忘れられてゆく。

目に見えるものは変わりゆくから、飽きるから、忘れられるの。目に見えないものは変わらない、そして変わってゆく、変わらずに変わることができる、変わりながら変わらずにいることだってできるの。

私は、世の中の99.9%のことは目に見えないと思ってる。物質なんてほんの0.1%だと思ってる。その0.1%に振り回されて多くの人間は生きているのだけど、そんなことにも気づかずに、興味さえ持たずに、生きているんだと思う。ただ、目が覚めてきた人が多くなってるのはつくづく感じているのだけれど。

もともとあるものにインスパイアされて落とし込むのは、それはさっき言ったように、まがい物だと思ってる。だから私は、文字や、何か物質に落とし込むとしたら、目に見えない99.9%のことを0.1%に落とし込みたい。そして、見えるようにしてあげる。
本物を見る目を、養わなければならない時なのよ。


私は日本人で、日本生まれで、1年間の留学期間ををのぞいて今まで日本で生きてきた。どれだけの時間をかけても、私は日本人で、てらだ ともみってことは変わらない。謙虚で、繊細で、和の心もった素敵な日本国に生まれたのだから、私はそれも消化していきたい。

このスタンスはNYから帰国してからずっと強く思ってる。
先日お会いした素敵なランジェリーのデザイナーさんも、同じスタンスでいてて、私はとっても嬉しかった。数時間お茶をしただけだったけれど、数年分のインスパイアをもらった気分だった。キラキラ話す彼女はとてもとても魅力的で、惹き込まれた。間接的に、和の心を、ランジェリーに落とし込むなんて素敵すぎる。私も常にそんなスタンスでいよう。スパイスが違えば、ベースは同じでもきっとそれぞれ素晴らしいものが創り上げられると思うの。本物は1つじゃないから、たくさんある本物が、それぞれの色をして光るのが地球にとってもとても幸せなことなんだと思うの。





xxx





No comments: