Oct 16, 2012

cant wait








しばらくダイアリー更新してなかったネ。ちゃんと綴らなければ。思ったことも文字にしなきゃ。思うことは日々たくさんあるんだけどね。
いっぱい仕事して稼いで稼いで、どんどんお金が財布にたまってって、財布がぱんぱんになるんだけど、Twitterとかinstagramをちょこっと買ったりしてちょこちょこ小銭が減ってて、お札をつかってブログを買ってない感じね。ちょっと意味分からないね。


最近考えてたことといえば、そう、どうして外人さんはあんなにTシャツスキニーデニムでかっこいいのかということ。それで、気づいたんだけど、洋服ってもともと海外から来た物だから。だから、あんなにカジュアルでもかっこいいし似合ってるんだよきっと。ドレスもそう。
和服は日本人が1番似合うみたいに。浴衣も着物も甚平も黒い髪の黒い瞳の日本人じゃなきゃね。昔、日本人の人達が、洋服なんて嫌だってそんなもん取り入れないぞって言ってたらどうなったのかなあって、そしたら今、服屋さんはきっと全部、和服屋さんで、みんな和服で生活してるんだろうな。そんな日本も見てみたかったなあって思う。

今の日本人は外国に憧れて、髪の毛染めたりカラコンいれたりするけど、それって本当に魅力的なのかなって思ったんだよね。きっと日本って国がそうさせてるんだと思うんだけどね、外国っぽいのがお洒落だってかっこいいって。日本の文化だって十分かっこいいのにね。"お洒落"の基準なんて決まってないし、基本的には好きな格好すればそれでいいじゃん?って私は思うけど、"魅力"ってなんだろうって考えた時に、本当の魅力って、持ってるものを最大限に引き出すことじゃないかなって思うの。


そうそう、それでね、私どんな洋服が着たいのか、わからなくなっちゃって、考えてたんだ、自分が本当に好きなものってなんだったっけ。って。
私はやっぱり、ガーリーでドーリーでキュートでセクシーなのが好き。って結論に至ったんだけど、なんで迷っちゃったんだろうね?環境とか聴いてる音楽や好きなカルチャー周りにいる人達ってやっぱり影響すると思うのねすごく。やっぱり着てる洋服やスタイルはカルチャーから来るものだもん。例えば、最近よく見かけるけど、Supremeを着てるからスケボーするんじゃなくて、スケボーしてるからSupreme着てるわけで、その洋服達にはそれなりのストーリーがあるんだもん。ファッション=ライフスタイルだから、毎日変わってゆくし成長していく。それできっと見失っちゃったんだよね。いろんな音楽聴いてもいろんな服着ても、結局戻るのはそこなんだって、ああ、私やっぱりそういうのが好きなんだなあって。
お洒落として、ベースをそれにいろんなスパイスをくわえるのはいいと思うけど、自分が本当に好きなものを見失っちゃいけないよね。今まで培ってきたセンスも、見てきたものも、着てきた洋服だって全部が繋がって今のスタイルがあるわけだし。もちろん場面だったり気分だったりで選ぶ服もあるし。

好きなものは、変わるんじゃなくて、増えるんだよね。前に好きだった洋服、今も好きだけどなんだか着れないのは、人間変わってゆくものだから、変わるべきだからそれとともに全部動くんだと思う。ただその中で何か変わらない物を、少しだけ、持ってたらいいと思うの。

似合うもの、と、好きなもののギャップってあるじゃない?だけど、そんなに気にすることないと思うんだよね。全部は直感で、あっ!これ!って思ったものが全てにとってベストな選択なんだよね。私はそんな気がするな。


久しぶりに長々と真面目な記事を書きました。ふぅ。


この写真達はちょっと前なんだけど、デビルの角をつけながらるんるんでハロウィンの飾り付けしておりました。るんるんだよ。ハロウィン早く来い♡


XOXO



No comments: